Z.com Cloud

限りなくクラウドに近いVPSとして利用できる!

GMOインターネットが運営するVPS。同社が8億円で取得したという世界最短の.comドメイン「z.com」で開始されたサービスです。CPUやメモリなどのリソースは固定(拡張するにはプラン変更が必要)ですが、時間単位の料金支払いを選べたり、サーバーをAPIで制御できたりと、VPSでありながらパブリッククラウドの特徴を多く持っています。メールサーバーやDBサーバーを構築の手間なしですぐに利用できるなど利便性もGOOD。パワフルさとシンプルさを併せ持ったサービスとなっています

公式サイト:Z.com Cloud
https://cloud.z.com/jp/cloud/
おすすめ度月額料金無料期間仮想化技術データセンター
所在地
900円〜なしKVM国内・海外

Z.com Cloudのおすすめポイント

  • 月単位のほか、時間単位の料金プランも選べる
    月単位なら月額900円から、時間単位なら1時間1.3円から。
  • VPSの構築から運用まで、Restful APIで操作できる
  • ストレージはすべてSSD。驚異的な読み書き速度を発揮。
  • サーバーを増設したらロードバランサーで負荷分散
  • メールサーバーやDBサーバー、オブジェクトストレージも利用可能。
  • 日本、アメリカ、シンガポールからデータセンターを選べる

Z.com Cloudの気をつけたいポイント

  • 使いこなすためには高度な知識が必要。

Z.com Cloudの総合評価

Z.comの評価はご覧の通り。パブリッククラウドに近い機能を持ちながら、それよりもぐっと安い料金で利用できるのも魅力です。VPSとしては1ランク上という感じで、初めての方には不向きですが、プロフェッショナルな用途には適しています

Z.com Cloudはこんな方におすすめ!

  • スタートアップWebサービスを運営する方
  • 高速なストレージを使いたい方